teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


久しぶりに投稿

 投稿者:みやもと  投稿日:2011年 2月20日(日)00時56分31秒
  いまさらながら、トップページ消しました。

年末年始は、CDを数十枚売り払いました。
安い値段が付くことは予想していましたが、半分は100円以下という状態。
でも、やっぱり売るのやめますとは言えず。

値段が付かないであろうものはブックオフにもっていきましたが、何でもかんでも一律25円になりました。あそこは、そんなものでしょうね。

値段が高かったのは、マイナーな60~70年代ロックやソウル。
ブートレグ臭いCD(ライナーがなくて、発売元が謎なやつ)も値段が付いてびっくり…
 
 

ソロモン・バークとか

 投稿者:みやもと  投稿日:2010年 6月12日(土)01時07分20秒
  個人的に、気圧というか血圧が不安定で、耳の調子が悪い日が続きます…

でも、ソロモン・バークの初来日行ってきました。
ソウルの伝説を見ている、という以上にすごく楽しめました。

かなり高齢ですが、歌声は非常にエネルギッシュ。
セットリストは、Cry To Meなどのヒット曲、Otis Reddingのカバー等。

印象的だったのは、宮殿から持ってきたような立派な椅子。
体が巨大すぎるので、ずっと座っていたのですが、
まさにKing of Soulにぴったりの椅子でした。

あと、息子がいて、客にたくさん薔薇の花を配っていたり、
ときどき父親の汗を拭いたりしていたのが忘れられません。
(ちなみに、子供が21人もいるらしい)

もしかしてPatty Griffinの曲とか歌ってくれないかなあ、
とほんの少し期待していたのですが、歌うわけがありませんでした・・・

あと、しばらく前に、レジーナ・スペクターや、
マシュー・スイート&スザンナ・ホフスなども見てきました。
なかなか感想書けていないです。

Tori Amos の DVD (Live From The Artists Den) が7月発売です。
このライブ、ネット上で少々見ることができますね。
 

LFJ

 投稿者:みやもと  投稿日:2010年 5月 2日(日)00時52分42秒
  最近、家の電子ピアノで、ドビュッシーの曲練習しています。
実は、楽器に触ること自体、約10年ぶりなのです。
もはや楽譜は読めないし、指も動かず。
気長に続けます。

さて、ラ・フォル・ジュルネ。
見たかったのはほとんどチケット即完売でした・・・
結構数が多いから大丈夫だと思っていたけど、考えが甘すぎました。
結局ベレゾフスキーしか買えなかったけど、楽しんできます~

丸ビルでは、ショパン展をやっていて、直筆の楽譜もあるらしいです。
http://www.to-on.com/lfj2010area/
 

アンダートーンズ

 投稿者:みやもと  投稿日:2010年 3月 8日(月)22時17分0秒
  びっくり。
来日するなんて、開演4時間前に知りましたよ。

ラモーンズ直系のパンクバンドです。
見たのは昨日ですが、まだ少し耳鳴りがします。

ライブ自体も楽しかったけれど、思い入れのある好きな曲が沢山聴けたことが何より幸せ。
リアルタイムではないけれど、高校生の頃からずっと好きだったので。

新曲というものは多分なくて、往年の名曲ばかりやっていました。
Girls Don't Like It とか Here Comes The Summer とか。
何しろアルバムの数が少ないので、知ってる曲ばかり!!
こういうライブも楽しいものです。

歴史に残る名曲 Teenage Kicks は、本編で突然やりました。
歌詞は超簡単なので、一緒に熱唱~!
アンコールは1回で、Jimmy Jimmy など。

涼しい感じのボーカルが好きだったけれど、ボーカリストは別の人。
初代はビジネスマンになってしまったので(UK MusicのCEO)、仕方ない。

でも、もう少し早めに知っていたら、2日とも行っていたでしょう。
去年は Boys も来日していたらしい。行きたかったな~。

Regina Spektor の東京公演、行くことにしました。
会場の Billboard Live ってところは、構造に問題(?)があるらしく、
自由席(完売...)以外はやたら高い位置に席があるようです。
2部構成なので、必然的に演奏時間が短い。
しかし、貴重な来日公演なので、文句も言えない...

今週はまた別のライブ行きます。
 

最近聴いたCDとか

 投稿者:みやもと  投稿日:2010年 2月23日(火)00時14分16秒
  以下、適当に殴り書きですが。

Rykoに移籍した Allison Moorer の新作、なかなか良いです。

もはやカントリーではなく、Duel のように強烈な感情のロックでもなく、
陰影のあるしっとりしたムードに包まれた大人のアルバムになっています。
そして、ソウルフルでありながら痛々しさのあるボーカルは、
やはり魅力的なのです。


Patty Griffin の Downtown Church は、昔のゴスペルのカバーを中心とした、ゴスペル作品。
それにしても、Patty Griffin のボーカルはすごい。
ボーカルだけで自分の世界を作ってしまうことができる。
単なるカバー曲集にならない。

Alfred G Karnes の We Shall All Be Reunited という選曲が渋すぎて◎。
1920年代のヒルビリーで、割とマイナーな曲だと思います。
ただ、Patty Griffin のは、アルバムの落ち着いたバージョンより、ライブのほうが好きです↓
http://www.youtube.com/watch?v=9Zx8UU2jir0



あと、少し前ですが、Andrew Bird 見てきました。
場所は渋谷クワトロ、客は若い女性が多い感じ。
演奏スタイルが独特で、ステージにマットを敷いて、片足ははだし。
バイオリンもギターも演奏するし、歌もうまいし、口笛も吹くし、一人でよくこんなにやるものだと感心しました。
Keller Williams を思い出しましたよ。(あれはもっと凄い)


同じ週に、Daniel Johnston も見ました。
前の来日は見ていないので、初見です。
感想としては、珍獣を見てきたような感じ?

鬱病の太った中年男のステージに立つ姿は、決してかっこいいものではない。
手に持つ小さなギターは、何だか頼りない音で、弾き方も荒っぽい。
ボーカルも、思った以上に我流で、音程外れても気にしない。
しかし、そこが逆に愛嬌があって良いのです。
僕の好きな90年代の曲も結構やってくれました。
後半は、サポートのギタリストが入って、ビートルズのカバーなど。

アンコールはたった一曲だけで、会場のライトが点灯。
あまりの短さに納得いかないオーディエンスが、延々とアンコールの拍手をし続けて、結局、根負けした(?) Daniel Johnston が再登場。
非常に短い歌(曲にもならないくらい)を歌って終了。
この辺も含め、なかなか面白いライブでした。


4月は Joe Henry 来日。今年は見たいライブが多い。
 

Downtown Church

 投稿者:みやもと  投稿日:2010年 2月15日(月)23時58分33秒
  Patty Griffin の新作!タイトル通り、ゴスペル寄りの内容。
Allison Moorer の新作も買いました。
もうちょっと聴きこんで、また感想書きます。

Fatboy Slim & David Byrne のアルバムで、Tori Amos が2曲歌っているらしい。
Tori Amos のゲスト参加って、こういうジャンルが多いですね。
4月リリースだそうで、いずれ買う予定。

レジーナ・スペクターの来日が気になります。
場所が Billboard Live なんですが、ここは演奏時間が短いらしい。
(一晩で2セットあって、それぞれ1時間くらい?)
うーむ。ステージが近いとか、良いところもあるようですが。
 

MSG

 投稿者:みやもと  投稿日:2010年 1月12日(火)22時50分0秒
  楽しかった~。
結構良い席で見ることができました。
選曲は新旧混ざっていたようです。昔懐かしいところだと、
Cry For The Nations、Into The Arena 、On And On などなど。
最後は、UFO 時代の Doctor, Doctor でした。
Captain Nemo やらなかったのが少し心残り。
 

新年

 投稿者:みやもと  投稿日:2010年 1月 2日(土)00時16分4秒
  あけましておめでとうございます!

旧年中聴いた音楽は、クラシックが多かったです。友人の影響で。

良かったライブは、サマソニの Flaming Lips。
Parliament は、演奏も良かったですが、生で見れたことが何より嬉しかったかな。

今年最初に聴いたCDは、Peter C. Johnson のファーストでした。
ボニー・レイットやニルス・ロフグレンが参加しているのですが、
そうとは思えないほど宅録に近い、一人ぼっちの世界。
楽器の演奏もシンプルで、一つ一つの音が澄んでいる。
エコーのかかった声が、「ぼくの小さな部屋においで」と呼んでいるよう。
ポップな曲もありますが、やっぱり内に閉じこもったような印象。
現在は廃盤のようですが、個人的なお気に入りです。

次は、ジャニス・イアンのSociety's Child: The Verve Recordings。
最初の4枚のアルバムが、ほぼ全部入っています。
当時は社会派フォークという感じで、強く主張するように歌うのがかっこいい。

うーん、古いのばかり聴いていますね・・・
再来週、マイケル・シェンカーのコンサート行ってきます♪
 

 投稿者:みやもと  投稿日:2009年12月14日(月)00時20分39秒
  寒くなってきましたね。
もう今年も終わろうとしています。

Flaming Lips の新作、DVD付きの限定盤を買おうかと悩んだ末、
日本盤を購入しました。値段で選びました。
中身のほうは、まだピンと来ないです。聴き込み方が足りないかな。

いつの間にか、Andrew Bird の来日が決まっていました。
クワトロでライブやるくらい、メジャーな人なんでしたっけ?
あまりそういうイメージなかったですが。
チケットまだ売っていたら行きたいな(ま、売り切れないだろ)。
平日だけど、そこは何とかがんばります。

あ、Daniel Johnston も。
http://www.smash-jpn.com/
 

秋深まる

 投稿者:みやもと  投稿日:2009年10月26日(月)00時33分49秒
  一気に肌寒くなってきましたね~。冬ももうすぐ。

久し振りに Mercury Rev のインタビュー。
http://www.cdjournal.com/main/cdjpush/mercury-rev/1000000331
ジョナサンの出演映画って何だろう?インディー映画でしょうか。

あと、もうすぐピール・セッションズがリリースされます。
http://www.amazon.co.jp/dp/B002Q4E21G/
オフィシャルサイトで宣伝されていないのが不思議。
持ってる音源とかなりダブる予感ですが、買う予定。
日本盤が出るかどうかは未確認。


ところで、先週 Rachel Faro が来日していたらしい。
行ければ行きたかったが、そもそもこういうマイナーな来日情報、どうしたらキャッチできるのでしょうか。
今年はもう一度くらいライブに行きたいのですが、何かないかな。
Only Ones 見るかなあ。迷う。

あと、パティ・グリフィンのゴスペルアルバムが来年1月にリリース予定。少し聴けます↓
http://www.directcurrentmusic.com/music-news-new-music/2009/9/3/patty-griffin-downtown-church.html
リリースはかなり先ですが、他の人のアルバムにはちょくちょく参加していているようで(Bob Schneider, Scott Miller, Jack Ingram など)、それまではこちらのCD買おうかな。
 

Midwinter Graces

 投稿者:みやもと(管理人)  投稿日:2009年10月 3日(土)23時29分5秒
  先月のことですが、東京Jazzでジョージ・クリントン(Parliament)見てきました。
今まで何度も来日見逃してきたので、初見。
今回はホーンがいなくて、Gray Shiderなどギター中心のPファンク。

実は先月ここに書こうとしたけど、書いたことが消えてしまったのです。
もう詳細は思い出せないですが、何も言うことがないくらい良かったので、いいでしょう(投げやり)。
実際、見れただけでも感激。
楽しみにしていた人も多かったようで、非常に盛り上がりました。
唯一の不満は、時間が短く、きれいにまとまりすぎていたこと。仕方ないのは分かっていますとも。

外では、去年同様、無料ライブがたくさんあって、これも楽しめました。
バプティステ・トロティニョンにはサインも頂きました!
(名前のMとNを間違えられたかも。面倒なので指摘しなかったけど)

カラ・グレインジャーのCD買いました。ドニー・フリッツの前座もやったらしいですね。
僕は予定が合わず、どちらも見に行けませんでしたが。
しかし、これ日本盤なのに、歌詞も解説も付いていないのかな。

待ち遠しい新譜は、Tori Amos のseasonal album(クリスマス・アルバム)。
しかし、ジャケットが・・・
http://www.amazon.com/dp/B002QCKOME/
 

すみません。

 投稿者:あらためまして  投稿日:2009年 9月 8日(火)19時19分40秒
  音楽のHP・BBSを探していたら、ビジュアル系・アイドルと自分に興味のないものばかりで、
やっとたどり着いたのがココです。

音楽ファイルが貼れるようになって嬉しいのですが、検索して貼ってあるとこを見ると
3GP(でしたっけ)のMP3→MLDのHPのリンクになっていて、
MLDはドコモケータイの音楽ファイル。
フリーの素材でMLDを作るのは無理みたいで、上記のリンク先にいくのも面倒なので、
えせ着うたで作ったMMFファイルを見ず知らずのBBSに貼ってみたのです。
失礼しました。

下に貼ったMMFファイルはソフトバンクでは聴けませんでした。

FM音源をAM音源にすると音質はボロボロの状態で、それを他人様のBBSに貼る行為は
確かに頭のおかしい人ですね。

※パソコンだとフリーのMIDRADIOで聴けます。
 

(無題)

 投稿者:みやもと(管理人)  投稿日:2009年 9月 7日(月)23時32分20秒
  あらためまして様

???
投稿の内容がさっぱり分からないのですが・・・
 

失礼します。

 投稿者:あらためまして  投稿日:2009年 9月 7日(月)22時06分15秒
  すみません。お邪魔します。

ステージの向こう(千葉方面)で稲光が見えました。


その時の音源です。MMFファイルでソフトバンクでは無理でした。

、貼り方間違えてますが、ファイル1です。


もしアレでしたら削除してください。
 

ハンク・ジョーンズ

 投稿者:みやもと  投稿日:2009年 8月14日(金)14時50分47秒
  無料ライブ、1時間もやってくれました。ブルーノートで演奏するような人が間近で見れて、貴重な体験でした。↓僕も写っています(認識困難ですが)
http://www.kds.kddi.com/blog/k/archives/2009/08/13-200531.html

御年91なのに、十分現役で通用する腕前。バンドメンバーのエンターテインメント性も抜群で、特にばドラマーの曲芸のようなスティックの扱いは見事。演奏曲は、最初が Take The A Train、次が Summertime、その後は忘れました。
 

サマソニ最終日

 投稿者:みやもと  投稿日:2009年 8月14日(金)14時07分38秒
編集済
  ◆Veronicas
オーストラリアの双子。T.A.T.U.がバンドやったみたいな(例えが悪い?)、若々しいポップなロック。
曲の数が少ないのか、30分余りで終了。
後ろのドラマーがスティックを宙に投げながら叩いているのが面白かった。

◆Tame Impala
後半だけ。CDのようにDoors風なサイケロックかと思っていたが、
轟音ギター垂れ流しのインプロヴィゼーションが多かった。

◆Solange
70年代風のポップ・ソウルという印象。
Cardigans の Lovefool など、カバー曲もいくつか混ぜていました。
ヒップホップ色の強い姉とは全然違いますね。
しっかり歌って踊っていて、バンドの演奏にも見せ場があって、楽しめました。

◆Grizzly Bear
適度にサイケで、適度にポップ。落ち着いて鑑賞できました。
ただ、ライブの記憶が薄れてきて、もう文章に起こせない...

◆Vaselines
見れるものなんですね~。Frances McKee の声も全然変わっていなかった(と思う)。
最初から "Son of a gun" で会場が大きく揺れる。
伝説のバンドの再結成だけに楽しみにしていた人も多かったらしく、曲が始まるごとに会場から歓声が上がりました。
やっぱり、曲が良いです。轟音ギターでありながら、メロディーがポップ。
演奏曲は、ニルヴァーナのカバーで有名な "Molly's Lips"や、名曲 "Dying For It" など。
途中一曲だけ、Teenage Fanclub のノーマンがラッパで参加。

◆Teenage Fanclub
"The Concept" でオーイエーをみんなで大合唱。毎度この曲が一番盛り上がります。
後半で曲のスピードがゆっくりになって、観客がウェーブを作るのも素敵な光景でした。
他は、"Everything Flows" "Ain't That Enough" など代表曲ばかり。
90年代から何も変わってないけど、TFCはそれでも十分かな。

◆Sonic Youth
裏のWarが見たかったけれど、移動が大変なので、同じステージに留まりました。
人が多かったですね。入場規制が出たようでした。
前回の来日でも聞けなかった曲が、今回も聞けなかった~。とか、欲を言えばきりがないですが、いつものSYと同様に楽しめました。
恒例のギターノイズ垂れ流しなど。キム・ゴードンのワンピースがライトに当ると透けて見えたのは気のせいか。
前方のオーディエンスの熱狂が激しく、僕のような大人しい人間は対流に乗って後ろのほうへ。Flaming Lipsのためにいい位置確保しようと思ったのに...

◆Flaming Lips
何回目のサマソニ出演か分からないリップス。
演奏前からメンバーが頻繁にステージに出てきて、おおがかりなセットの準備。
早々、ウェインの姿が見えるごとに歓声が上がる。
途中、やや長めの地震が発生。外国人はびっくりしたかなあと思いきや、ステージでは何事もなかったかのように粛々と準備を続けていました。

非常に客の入りが良く、ウェインも「君たちビヨンセを見ないでいいのか」みたいなこと言って嬉しそうでした。

ウェインがボールの中に入っての crowd surfing で開始。
海外のライブ映像で見たことはありましたが、生で見るのは初めて。
ウェインのひざに触りました。
その後、バルーンが何十個も投げ入れられ、客席全体がビーチバレー大会に。
大量のバルーンがぽんぽん飛び跳ねる中で見るライブは、少し邪魔だけど、なかなか新鮮。
紙吹雪もあって、賑やかなライブでした。

ステージは、メンバー以外にも、カエルなどの着ぐるみがいたり、女の子が踊っていたりなどしていました。
が、これ以上説明するより、YouTubeなどで映像見るほうが手っ取り早いと思います。

一曲一曲が素晴らしかったです。演奏もいいが、曲自体が良い。
90年代までの曲はやらなかったけど、リップスは曲のレベルが落ちていないので、全く気にならず。ただのベテランバンドではないです。
個人的に一番気に入ったのは、Yoshimi Battles The Pink Robots。しんみりしたアコースティック・バージョンでした。
最後は Do You Realize。
観客の盛り上がりは良かったが、アンコールなし。最初からその予定だったのかも。

それにしても、フレーミング・リップス最高!これから全アルバム聞きなおします。
 

サマソニ2日目

 投稿者:みやもと  投稿日:2009年 8月11日(火)23時59分36秒
編集済
  知人に会う確率が一番高かったけど、誰にも会わず。
Joan JettやSpecialsなど、80年代な一日でした。

◆Lenka
実は、今日はこの人を見るために行ったようなものでした。
流石に観客は少なめで、前から3列目あたりで観覧。
ステージには、おそらくボール紙で作った、手作りの鳥やキノコが飾ってありました。
演奏開始前から楽しそうな雰囲気です。
で、5人くらいのバンドと一緒に演奏開始。
やや緊張気味に見えましたが、衣装も仕草も曲もすべてが明るいし可愛らしいし、非常な幸せを感じるライブでした。
セットリストは、
1. Trouble Is A Friend
2. Knock Knock
3. Bring Me Down
4. Skipalong
5. Don't Let Me Fall
6. The Show
その後4曲くらいあったけれど、忘れました...
新曲もありました。

◆Paolo Nutini
しわがれた声で、渋いロックンロールを聞かせてくれました。音楽的にはアメリカン・ルーツロックですが、スコットランド出身だそうです。若くて顔もいいのに、渋い趣味です。
ただ、ずっと腰を曲げながら歌っていたのが(たぶん癖なんだろうけど)、見ていて心配になりました。

◆All-American Rejects
ボーカルが赤いズボンで上半身裸で歌っていて、よく盛り上げていました。
あんなに気温が高くなければ、アリーナに行ってはしゃいだだろうな。
最初のほうは見逃しましたが、それでもヒット曲たっぷり聴けて大満足。
最後は Give You Hell。

◆Placebo
途中で睡魔に襲われたので、半分くらい見てメッセに移動&仮眠。
ファンの方すみません。

◆Joan Jett & The Blackhearts
Ting Tings を見る予定でしたが、かっこよかったので、つい最後まで。
一言、かっこいい。演奏する姿勢なのかギターの音なのか、とにかく迫力がありました。
"Cherry Bomb" などRunaways 時代の曲はやはり盛り上がったし、
"Naked" など最近の曲も全然パワーが衰えていない感じ。
Crimson And Clover の途中で抜けて、Tom Tom Club に移動。

◆Tom Tom Club
まだ現役で続けていたのですねえ。
マライアのカバーでも知られる Genius of Love など、いっぱい踊りました~。
メンバーが息を合わせて踊っていたり、前の女性二人はミニスカートだったり、ビジュアルも楽しめました。あと、ギターの見せ場が意外に多かったです。
会場が一番盛り上がったのは、"Wordy Rappinghood"。古い曲なのに、みんな知ってるものですね。まだラップが認知されて間もない頃のラップです。他に演奏したのは、Hot Chocolate カバー "You Sexy Thing" など。
時間の重複した Ting Tings、Elvis Costello も見たかったんですけど、Tom Tom Club が結果的にとても楽しめたので良しとしましょう。

◆CSS
マツシタさんの衣装、全身ミラーボール状態。
結構日本が好きらしく、がんばって日本語でしゃべっていました。
僕は予習不足でしたが、バンドの演奏は躍動感たっぷり、観客も熱狂的に踊っていました。

◆The Specials
前のほうのメンバーがステージ上を右に左に駆け回って、演奏も最後まで力が抜けず、とても楽しいライブでした。
ネクタイ絞めてスーツ着て、暑いだろうに...
特に思い入れのあるバンドでもないですが、Too Much Too Young など踊りまくりました。
アンコールはなし。でも、スカはあまり長々と聞く音楽じゃない気もするし、個人的にはちょうど良い時間でした。
 

サマソニ初日

 投稿者:みやもと  投稿日:2009年 8月10日(月)16時34分37秒
  3日間行ってきました。まずは初日の覚書。

◆School of Seven Bells
シューゲイザー。女性3人組。
美人なんですけど、音楽的にはそれほど印象には残らず。

◆Kyte
囁くようなボーカル、耽美なメロディー、
少し病的な雰囲気も含めて、如何にもイギリスらしいバンド。
曲もいいし、なかなか良かったです。
Katy Perry がキャンセルだったので、最後まで観覧。

◆Jenny Lewis
Mercury Rev と時間が重なってしまい、最初の20分だけ。
こういう風に見たいアーティストが重複するから、
ステージの数を減らして、ちゃんと午前中も見れるようにしてほしい!
(どうして午前がなくなったんでしょうねえ)
短い間でしたが、すごく楽しめました。
わかりやすくて明るいポップなロック。
曲目は、"You are what you love" "Acid tongue" "See Fernando" など。
ほんと、今日のライブも見に行きたいなあ。
観客は少なかったですが(2~3列くらい)、個人的にお勧めのアーティストです。

◆Mercury Rev
だんだんドラムとベースの存在感が増してきましたが、やっぱり安心して見れる。
Mercury Rev はこれでよいのかも。
演奏する曲も、ほとんど決まってるし。
曲名は知りませんが、Nico のカバーやっていました。
他には、Funny Bird, Holes, Senses On Fire など。

◆Nine Inch Nails
トリかと思われたたが、なぜかMy Chemical Romanceの一つ前でした。
途中から大粒の雨が降り、後半は雷の中ライブやってました。
雨でかすんでよく見えなかったけど、全く雨に動じない姿はかっこよかったです。
僕は最初はアリーナの後ろのほうにいましたが、雨が降り始めてすぐに屋根の下に移動。
曲目は "Heresy"、 "Closer"、"I'm Afraid of Americans" (David Bowie のカバー)、
などいろいろあって、最後は名曲 "Hurt" でした。
アンコールはなし。(今年はアンコールなしが多かった気がする)
裏の Tahiti 80 は中止になったようです。

◆Aphex Twin
顔はよく見えなかったけど、リチャードが本当に来ていました。
(以前、姿を見せずにDJやったこともありましたっけ)
まるでまともな人のように、ビデオ流しながらPCの前に座っていました。
どうせノートPCで音楽ファイル開いただけでしょうけど(笑)。
内容は、Aphex の曲をつないでミックスしたもの。
曲を聴けば Aphex Twin と分かるくらい自分の世界を持っていて、凄いなあと改めて実感。
楽しかったのですが、夜遅くなったので、1時間余り見たのち途中退散。
 

今日買ったものとか

 投稿者:みやもと  投稿日:2009年 7月 5日(日)23時57分29秒
  渋谷のタワーに行ったら、マイケルの曲ばかり流れていましたが、
まだ追悼ムードなんですえ。
入口入ってすぐのところに、マイケルの手形が展示してありました。
以前、訪問したことがあるらしいです。へー。
意外と大きな手でした。少なくとも僕の手よりは。

あと、Thriller のビデオクリップを見ていて、Indian Thriller のほうを思い出しました↓
以前見た時は爆笑しましたが、これの振り付けを考えた人は相当なマイケルのファンだったことでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=LbvP7dT3Dx0

結局買ったのは、クラシック数点と、Fleet Foxes の日本盤。
Fleet Foxes は Flaming Lips 系サイケポップの新人バンドで、結構気に入っております。
クラシックはラフマニノフとか(辻井さんではない)。

それと、サマソニのチケットも購入。
ちゃんと会社休めますように。
知り合いの皆様、当日会ったらよろしくお願いします!
 

サマソニ東京会場の

 投稿者:みやもと  投稿日:2009年 6月22日(月)00時00分2秒
  Midnight Sonic って、深夜枠でしょうか?
Lady Gaga なんて、もっといい時間帯でやってもいいのに!
Tricky 見たかったけど、これも深夜枠だ・・・

ところで、エイミーマンまた来日です。
平日だけど行きたいな。
 

レンタル掲示板
/9