teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/71 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

祝・六弦会HPリニューアル

 投稿者:I.K  投稿日:2009年12月10日(木)00時07分48秒
  通報 返信・引用 編集済
  六弦会HP管理人殿、HPリニューアル完成!お疲れ様でした。
H21六弦会幹事殿、ご多忙のなかにもかかわらず完璧なるお世話を頂き誠にありがとうございました。

特に航空博物館では、想像していなかった「飛鳥」の実物を見ることができ、感激もひときわでした。
大学4年生の社会実習の際、立川にあった?当時の防衛庁第三研究所で風洞実験の人夫作業をした機体です。
時季が真夏だったので非常に暑く、夕方・一日の作業が終了すると売店でビン牛乳を毎回3本一気飲みする日々が続き・・
夜は基地の就寝ラッパで就寝、朝は起床ラッパでたたき起こされる・・懐かしい思い出

為念のメモ: 一般的な飛行機の外郭のアルミ板はハニカム構造ではなく、B767のように2mm前後の無垢板
       飛鳥は1mm!?無垢板の内側を台形リブなどで補強する構造だと思います。
       新幹線の場合、あるいは飛行機でも、床板・エンジンシュラウド、脚ドア等々などにはアルミの薄板
       ハニカム構造が使われてます
 理 由 : ハニカム構造は基本的に「平面」用途向き・・「曲面」は形成しにくい

それもいまや、B787では胴体どころか主翼にまで、CFRP(のハニカム)にとって代わられてしまいましたが。

http://yellow.ap.teacup.com/1970rokugenkai/

 
 
》記事一覧表示

新着順:7/71 《前のページ | 次のページ》
/71