teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:16/165 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

サマソニ最終日

 投稿者:みやもと  投稿日:2009年 8月14日(金)14時07分38秒
  通報 編集済
  ◆Veronicas
オーストラリアの双子。T.A.T.U.がバンドやったみたいな(例えが悪い?)、若々しいポップなロック。
曲の数が少ないのか、30分余りで終了。
後ろのドラマーがスティックを宙に投げながら叩いているのが面白かった。

◆Tame Impala
後半だけ。CDのようにDoors風なサイケロックかと思っていたが、
轟音ギター垂れ流しのインプロヴィゼーションが多かった。

◆Solange
70年代風のポップ・ソウルという印象。
Cardigans の Lovefool など、カバー曲もいくつか混ぜていました。
ヒップホップ色の強い姉とは全然違いますね。
しっかり歌って踊っていて、バンドの演奏にも見せ場があって、楽しめました。

◆Grizzly Bear
適度にサイケで、適度にポップ。落ち着いて鑑賞できました。
ただ、ライブの記憶が薄れてきて、もう文章に起こせない...

◆Vaselines
見れるものなんですね~。Frances McKee の声も全然変わっていなかった(と思う)。
最初から "Son of a gun" で会場が大きく揺れる。
伝説のバンドの再結成だけに楽しみにしていた人も多かったらしく、曲が始まるごとに会場から歓声が上がりました。
やっぱり、曲が良いです。轟音ギターでありながら、メロディーがポップ。
演奏曲は、ニルヴァーナのカバーで有名な "Molly's Lips"や、名曲 "Dying For It" など。
途中一曲だけ、Teenage Fanclub のノーマンがラッパで参加。

◆Teenage Fanclub
"The Concept" でオーイエーをみんなで大合唱。毎度この曲が一番盛り上がります。
後半で曲のスピードがゆっくりになって、観客がウェーブを作るのも素敵な光景でした。
他は、"Everything Flows" "Ain't That Enough" など代表曲ばかり。
90年代から何も変わってないけど、TFCはそれでも十分かな。

◆Sonic Youth
裏のWarが見たかったけれど、移動が大変なので、同じステージに留まりました。
人が多かったですね。入場規制が出たようでした。
前回の来日でも聞けなかった曲が、今回も聞けなかった~。とか、欲を言えばきりがないですが、いつものSYと同様に楽しめました。
恒例のギターノイズ垂れ流しなど。キム・ゴードンのワンピースがライトに当ると透けて見えたのは気のせいか。
前方のオーディエンスの熱狂が激しく、僕のような大人しい人間は対流に乗って後ろのほうへ。Flaming Lipsのためにいい位置確保しようと思ったのに...

◆Flaming Lips
何回目のサマソニ出演か分からないリップス。
演奏前からメンバーが頻繁にステージに出てきて、おおがかりなセットの準備。
早々、ウェインの姿が見えるごとに歓声が上がる。
途中、やや長めの地震が発生。外国人はびっくりしたかなあと思いきや、ステージでは何事もなかったかのように粛々と準備を続けていました。

非常に客の入りが良く、ウェインも「君たちビヨンセを見ないでいいのか」みたいなこと言って嬉しそうでした。

ウェインがボールの中に入っての crowd surfing で開始。
海外のライブ映像で見たことはありましたが、生で見るのは初めて。
ウェインのひざに触りました。
その後、バルーンが何十個も投げ入れられ、客席全体がビーチバレー大会に。
大量のバルーンがぽんぽん飛び跳ねる中で見るライブは、少し邪魔だけど、なかなか新鮮。
紙吹雪もあって、賑やかなライブでした。

ステージは、メンバー以外にも、カエルなどの着ぐるみがいたり、女の子が踊っていたりなどしていました。
が、これ以上説明するより、YouTubeなどで映像見るほうが手っ取り早いと思います。

一曲一曲が素晴らしかったです。演奏もいいが、曲自体が良い。
90年代までの曲はやらなかったけど、リップスは曲のレベルが落ちていないので、全く気にならず。ただのベテランバンドではないです。
個人的に一番気に入ったのは、Yoshimi Battles The Pink Robots。しんみりしたアコースティック・バージョンでした。
最後は Do You Realize。
観客の盛り上がりは良かったが、アンコールなし。最初からその予定だったのかも。

それにしても、フレーミング・リップス最高!これから全アルバム聞きなおします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:16/165 《前のページ | 次のページ》
/165